心と身体の健康増進・ダイエット/仲間づくり・地域のつながり

はつかいちグロービーボクシングクラブでは、個人の目的に合わせて指導いたします。

ボクシングを通じての地域貢献

○心身の健康増進 ダイエット
 ボクシングは、生活習慣病予防にとても有効な全身運動、有酸素運動で体重管理にも最適です。また、ミット打ち、サンドバック打ち等はストレス解消にとても効果的です。さらに継続して練習することで自然と技術が向上し、自信にもつながり、日々の生活に張りが出てきます。

○仲間づくり 地域のつながり 家庭のつながり
 はつかいちグロービーボクシングクラブは、ボクシングを通じて世代や社会的立場を超えて人と人とがつながる交流の場を提供したいと考えております。また、家族で始めるスポーツとしてお勧めします。家族それぞれの目的が違っても、一緒に練習をして教え合う事でとても良い効果があります。

ボクシング競技能力向上(UJボクシングについて)

 一般社団法人日本ボクシング連盟の主催で、アンダージュニア(男女小学5年生から中学3年生、以下UJとする)を対象に年2回全国大会が開催されております。これら全国大会の出場選手を選考するために、各県、各地方ブロック、東西日本、と予選が開催されます。NPOグロービーは、県選考会、中国ブロック選考会、西日本大会を経て全国大会に多くの選手を輩出しております。
 UJで活躍した選手の多くは、高校(ジュニア)や大学(シニア)のトップアスリートとなり、国際大会出場さらにオリンピックを目指しています。当クラブにおいてもNPOグロービーボクシングジムと提携・協力し、UJ選手を育成していくことで広島県のボクシング競技能力向上に寄与していきます。

NPOグロービーの指導実績

UJボクシング競技に関する指導実績を紹介いたします。

UJボクシング競技成績

・第1回全日本幼年(現UJ)ボクシング大会
中学校46kg級、中学校57kg級、中学校66kg級優勝

・第2回全日本幼年(現UJ)ボクシング大会
中学校46kg級優勝、中学校48kg級

・第3回全日本UJボクシング大会
小学生38kg級、小学生44kg級、中学校46kg級優勝、中学校48kg級

・第4回全日本UJボクシング大会
小学生38kg級優勝、小学生44kg級、小学校46kg級優勝、小学校52kg級、中学校44kg級、
中学校52kg級優勝

・第5回全日本UJボクシング大会
小学生42kg級優勝、中学生42kg級優勝、
中学校44kg級優勝、中学校46kg級、中学校48kg級優勝、中学校50kg級、中学校52kg級、
中学校57kg級

・第3回全日本UJボクシング王座決定戦
小学生42kg級優勝

・第6回全日本UJボクシング大会
小学生46kg級優勝、小学生50kg級優勝、
中学生48kg級優勝、中学生52kg級優勝、
中学生60kg級優勝、中学生64kg級

・第4回全日本UJボクシング王座決定戦
中学生52kg級優勝、中学生60kg級優勝





入会の流れ

  • 1. ご連絡の上(mail:mandy@road.ocn.ne.jp)、見学、無料体験を申し込んでください。
  • 2. 入会希望用紙を記入され、入会金と月会費(2か月分)及びスポーツ保険料の納入をお願いいたします。
  • 3. 室内用運動靴、バンテージ、練習用グローブ、なわとび等は個人負担で用意してください。クラブでも購入先は紹介できます。
  • 4.3か月目からの会費お支払いは、ゆうちょ銀行の口座引落しになります。

はつかいちグロービーボクシングクラブの特徴

代表者からの一言

 ボクシングは決して敷居の高いスポーツではありません。当クラブでは、健康づくりやダイエット・仲間づくりなど、他のスポーツ同様に色々な目的に合わせ楽しんで行えます。色々な方々がそれぞれの目的で当クラブに集い、人と人とがつながる場になればと考えております。
 競技目的(特に小中学生)の方は練習から試合まで全面サポートいたします。基礎技術を習得した選手は、NPOグロービーボクシングジムでのより実戦的な練習に参加できます。また選抜された選手は、広島県ボクシング連盟主催の合同練習や遠征に参加することができます。さらに競技成績によってスポーツ推薦高校進学(ボクシング競技)も可能です。

基本練習メニュー

ランニング/階段ダッシュ 全身の筋力及び心肺能力を高めるとともに、下半身の瞬発力・持久力を養います。全ての競技に通じる基本練習です。
ロープ・スキッピング(なわとび) ボクシングに必要なリズム感を得るとともに、下半身の持久力を高めます。また、ボクシングに必要な「つま先の力」「第二の心臓と言われる、ふくらはぎのポンプ機能」を養います。
シャドーボクシング ボクシングの動作を繰り返し、コンビネーションブローや防御動作を身体に覚えさせます。。健康管理にも有効な有酸素運動です。
ミット打ち/ミット持ち 指導者や練習仲間が持つミットに向けてパンチを打ち込みます。パンチを打つ正しい距離、角度を確認するとともに、コンビネーションブロー及び防御技術を習得します。
ミットを持ち、打ち手のパンチを受けます。パンチを「捕る」動作を繰り返す事で、実戦における相手との距離感及び防御のタイミングを習得します。
サンドバック打ち 「パンチの打撃力」及びボクシングに必要な「パンチを連打するスタミナ」を養成します。ダイエットにも最適な全身運動です。
タッチ・マスボクシング 初歩段階の実戦練習です。首から上への接触はせず、肩、胸、腹、腰、膝などを素早く「タッチ」するゲーム性の高い実戦練習です。打撃ではなくタッチであり、顔面への接触がないので恐怖心がなく気軽に実戦練習を行えます。
この練習を繰り返す事で、自然に攻撃・防御の「勘」を養うことができます。

その他、テーマごとのサーキットトレーニングを計画し運動能力の向上を図ります。

powered by crayon(クレヨン)